本文へスキップ

カラーコーディネーター 資格取得ガイド

カラーコーディネーター検定ファッションコーディネート色彩能力検定

色彩士検定

カラーコーディネーターになるには/カラーコーディネーター 資格取得ガイド

カラーコーディネーターになるには

カラーコーディネーターは、特に決まった業務があるわけではありません。

カラーコーディネーターに、明確な規定がないのです。

そのため「自称」カラーコーディネーターとして、仕事をしたとしても、何の問題もありません。

しかし、それでは関連業界から信頼を得ることはできないでしょう。

やはり相手も仕事を依頼する以上、確実な仕事ができるような信頼に足る人でなければなりません。

ですから、相手への信頼性が重要な要素になってきます。

そのようなカラーコーディネーターの信頼性を判断する基準のようなものがあるのでしょうか?

実は、カラーコーディネーターになる人は、いくつかの民間の資格をとっている場合がほとんどです。

この資格は、特に法的な拘束力はありません。

しかし、これらの資格は、その人の色彩に対する知識や能力を判断する基準として重宝されています。

カラーコーディネーターを雇う際には重要な基準といえるでしょう。

カラーコーディネーターが持つ資格は主に3つあります。

それは、カラーコーディネーター検定試験、色彩検定、色彩士検定です。

以上3つの資格はそれぞれ、色彩に関係する団体が認定する民間資格です。

ですから、医者や弁護士のように、資格を持っていなくても、別に問題はありません。

しかし、このうちの一つを持っていると、カラーコーディネーターとしてのステータスは上がってきます。


カラーコーディネーター通信講座

   カラーコーディネーター カラー講座

目指すは、色のプロフェッショナル!
色彩検定2・3級講座

色彩検定において抜群の合格実績を誇るヒューマンアカデミーの色彩講座。
平成21年度冬季色彩検定の当受講生合格率は73.6%。全国平均の58.2%より15%以上も高い結果です。

初歩から学ぶ!大栄教育システム

色彩検定3級講座
色彩検定2級講座
 

「色のはたらき」「光と色」「色の表示」「色彩心理」「色彩調和」「色彩効果」「色彩と生活」「ファッション」「インテリア」など色彩検定3級試験合格に必要な知識を基礎から学び、確実に実力養成を図る講座です。