本文へスキップ

カラーコーディネーター 資格取得ガイド

カラーコーディネーター検定ファッションコーディネート色彩能力検定

色彩士検定

色彩検定とは/カラーコーディネーター 資格取得ガイド

色彩検定とは

色彩検定(しきさいけんてい)とは、社団法人全国服飾教育者連合会(略称はA・F・T)が実施する

色に関する知識や技能を問う試験であり、1級から3級までの3段階に分かれている。

A・F・Tでは1990年からこの『色彩検定』を実施し、1994年にはその内容が生涯学習の一環として

評価され、1995年度より文部科学省認定、2006年度からは同省後援の『技能検定』となりました。

すでに20年を超える実績を誇り、年々増加する志願者数は2009年で累計110万人をこえました。

従来から「感性」だけによるものと見られがちであった「色に関する知識や技能」理論的、系統的に

学ぶことにより、誰もが「理論に裏付けられた色彩の実践的活用能力」を身につけることができるのです。

志願者は生涯学習の名にふさわしく小学生からお年寄りまで幅広い年齢層に広がっています。

文部科学省後援の検定試験ということで高校、短大、大学、専門学校などの『学生』が非常に多いのも

特徴の一つですが、近年では、インテリア、ファッション、グラフィックなどのいわゆるデザイナーと

呼ばれる人達から、販売、企画、事務といった一般的な職種の人達まで、社会人にも幅広く受け入れ

られています。

これはあらゆるモノに色があり、それらに関わるすべての人が対象となりうるからでしょう。

また、色に関する学習は学校教育ではほとんど触れられることがありません。

それが逆に「年齢、性別、学歴などに関係なく誰でも気軽に取り組める」「日常生活のちょっとした

場面で活かす事ができ、楽しく学ぶことができる」といった評価につながり、生涯教育として受け入

れられている理由でもあるようです。

色に関するスペシャリストのことを『カラーコーディネーター』という総称で呼ぶことがありますが、

これは国家試験のようなライセンスではありません。

しかし、『色彩検定』は「色に関する知識や技能」を社会的に評価する『尺度』として確実に社会的な

認知を得ています。

『色彩検定』にはその程度や難易度から3級・2級・1級があります。


カラーコーディネーター通信講座

   カラーコーディネーター カラー講座

目指すは、色のプロフェッショナル!
色彩検定2・3級講座

色彩検定において抜群の合格実績を誇るヒューマンアカデミーの色彩講座。
平成21年度冬季色彩検定の当受講生合格率は73.6%。全国平均の58.2%より15%以上も高い結果です。

初歩から学ぶ!大栄教育システム

色彩検定3級講座
色彩検定2級講座
 

「色のはたらき」「光と色」「色の表示」「色彩心理」「色彩調和」「色彩効果」「色彩と生活」「ファッション」「インテリア」など色彩検定3級試験合格に必要な知識を基礎から学び、確実に実力養成を図る講座です。