本文へスキップ

カラーコーディネーター 資格取得ガイド

カラーコーディネーター検定ファッションコーディネート色彩能力検定

色彩士検定

カラーコーディネーターの将来性/カラーコーディネーター 資格取得ガイド

カラーコーディネーターの将来性

カラーコーディネーターが必要とされる分野は現在、数多いといわれています。

このことだけでも、カラーコーディネーターの必要性がおぼろげながらも理解できると思います。

では具体的に、カラーコーディネーターの何を求めているのでしょうか?

普通の企業では、いろいろな商品開発が日々、行われています。

そして、選ばれた商品をできるだけ多く売ることが必要になってきます。

このとき、いろいろな戦略が練られることになります。

もちろん、商品自体の品質は重要です。

しかしそれだけでは、売上を上げることは困難です。

ということは別の角度から、戦略を練る必要があります。

このとき、商品がお客さんの目に飛び込んでくるためには、見た目のインパクトが必要です。

一目で目立つような商品に、お客さんは興味を惹かれます。

ということは、見た目が肝心ということですから、商品のパッケージのデザインが重要なポイント

になってきます。

このときに、色彩が大きな要素になることは想像に難くありません。

そこで、色の持つ特性を熟知しているカラーコーディネーターが必要とされるのです。

また、あとで詳しく説明しますが、カラーコーディネーターは、個人で商売を行っている人もいます。

この場合、いろいろな人たちに色についてのアドバイスを行うことが多いようです。

色には、いろいろな力が秘められています。中にはヒーリングの効果もあります。

特にヒーリングは、「癒しブーム」に乗ってアロマなど、注目を集めています。

また、個人レベルについても、見た目が肝心といわれます。

このときに、どのような服のコンビネーションにするかによって、人の印象が大きく変わることが

あります。

このときに服に使われている色のコンビネーションも、大きな要素になってきます。

皆さんも、服選びのときに、服に使われている色で判断することがあるでしょう?

実際、そういったアドバイスを行っている人の話によると、個人で色についてのアドバイスを求める

人が増加傾向にあるようです。

このように、いろいろな分野で、カラーコーディネーターは必要とされているのがビジネスの現状と

いえるでしょう。


カラーコーディネーター通信講座

   カラーコーディネーター カラー講座

目指すは、色のプロフェッショナル!
色彩検定2・3級講座

色彩検定において抜群の合格実績を誇るヒューマンアカデミーの色彩講座。
平成21年度冬季色彩検定の当受講生合格率は73.6%。全国平均の58.2%より15%以上も高い結果です。

初歩から学ぶ!大栄教育システム

色彩検定3級講座
色彩検定2級講座
 

「色のはたらき」「光と色」「色の表示」「色彩心理」「色彩調和」「色彩効果」「色彩と生活」「ファッション」「インテリア」など色彩検定3級試験合格に必要な知識を基礎から学び、確実に実力養成を図る講座です。